仏事・神事。お仏壇の修理なら株式会社ひょうまにお任せください。


仏事・神事

株式会社ひょうま楽天市場店はこちら

株式会社ひょうまヤフーショッピング店はこちら

  • ひょうまからのお知らせ
  • お客様の声
  • 施工実績
  • 各諸経費
  • 仏壇
  • お墓
  • 霊園
  • 仏具・神具
  • 仏壇の修理・引越し・移動
  • 仏事・神事
  • 店舗案内
  • 採用情報
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップページ
HOME > 仏事・神事

仏事・神事

仏式葬儀

お焼香の作法
お焼香には、仏前を荘厳(しょうごん)して敬虔(けいけん)な心をささげるという役割があります。
また、香は人の気持ちを快くすると同時に、芳香によって心身を清めるといった意味もあります。
近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられることが多いようです。
ここでは、一般的なお焼香の仕方を紹介していますが、厳密には宗派や地域によって違いがありますので、正しくはご導師にお尋ねください。

  • お焼香の順序
  • @遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。
    ご本尊(ごほんぞん)と遺影を仰ぎ、頭を下げて黙礼します。
  • A右手で香をつまみます。
  • B額のところまで、押しいただきます。(浄土真宗では、押しいただきません。)
  • C香炉に静かにくべます。これを宗派で決められた回数行うのですが、2回目からは額で押しいただく必要はありません。(会葬者が多い場合、焼香は1回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。)
  • D合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し、退きます。

神式葬儀

仏式の告別式にあたる儀式を、神式葬儀では、葬場祭(そうじょうさい)といいます。
神式葬儀が仏式と一番異なるところは、手水の儀と、それに引き続いて執り行われる玉串奉奠(たまぐしほうてん)で、仏式の焼香にあたるものと考えれば良いでしょう。斎主(さいしゅ)(神官)・副斎主(ふくさいしゅ)・斎員(さいいん)・喪主(もしゅ)・遺族・近親者の順番で行います。

  • 手水の儀
  • @左手に水を注ぎます。
  • A右手を清めます。
  • B左手で口をすすぎ、両手を拭きます。

  • 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  • @玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進み、玉串を押しいただきます。
  • A根本を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、向きを変えます。葉先を手前にして供えます。
  • B2礼
  • C2拍手(葬儀では音をたてずに拍手します。)
  • D1礼

お彼岸とは

「彼岸」という言葉はサンスクリット語の「パーラミター」の漢訳で「到彼岸(とうひがん)」の略だと言われています。
雑念の多いこの世(此岸(しがん))から悟りの世界(彼岸)へ到達するという意味があります。
「彼岸」は春と秋二回あり、春は春分の日を中日にし秋は秋分の日を中日とし、前後3日間を含めて7日間となります。
昼夜の時間が等しく(偏りが無い・中道)太陽が真東から昇り真西へ沈みます。
お浄土は西方に有るといわれておりますので、お浄土におられる先祖をしのび仏事を行いたいものです。

お盆とは

正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言い、サンスクリット語の「ウラバンナ」を漢で音写したものです。
「盂蘭盆経」に説かれている目連尊者(もくれんそんじゃ)の話に由来します。
お釈迦様の弟子の中でも、神通力が秀(ひい)でていた目連はある日自分の母親の死後の世界を見ました。
なんと母親は餓鬼道(がきどう)にいて、飢えと乾きに苦しんでいる姿が見えました。
目連は何とか母親を救えないものかとお釈迦様に尋ねたところ、「生前施しの気持ちが無かった為に餓鬼道(がきどう)にいる、代わりに布施行しなさい」と言われました。
目連は教えに従い、夏の修行期間のあけた7月15日に多くの僧侶・貧困に苦しむ人々に食物などの施しをしました。
それにより目連の母親は極楽往生(ごくらくおうじょう)が出来たといいます。
「お盆」の日付・行事は地方によってまた宗派によって異なることがありますが、一般的にはご先祖の霊が帰ってくる期間だと言われています。

* 注記*
浄土真宗では「霊」が帰って来るとは考えません、仏法にふれさせて頂く期間と考えます。

ページの先頭に戻る↑